Vantan International Program

資料請求
留学カウンセリング予約
For International students
For International students
資料請求
留学カウンセリング予約

イベント&授業レポート

Nov 09 ,2009
10月生デザインファンデーションコース<ドローイング>

今日の授業レポートは<ドローイング>です。
10月からのこのコースでは
半年の3分の1を基本的なデッサンに使います。

まずは、物をしっかりと見ることを習慣付け、
観察力を養います。



とにかく、いつでも手を動かすことが重要で、
描けば描くほど、上手になります。

普段から早描き(5分程度)で、
色んなものを描いてみることが大切です。

さて、今回は「静物画」です。
先生が持ってきてくれた、
円柱、四角、丸など、様々なカタチを描いてみます。



まずは基本となる鉛筆の削り方からです。
先生がお手本を見せてくれ、
こんなに芯をだすのか!とびっくりした様子でした。



「静物画」のポイントは3つ。
1.線の強弱
2.立体感
3.陰影を追う(面のカタチを考える)

私達が普段物を見るときに、
輪郭が見えているのは、光があるからなのです。



光が当たり、陰影ができ、その境目に線を見ることが
できるのですね。
それが、稜線というものです。

ドローイングでは稜線を線で引いてしまわずに、
鉛筆の濃さで表現します。



光が当たっているところは弱く、
当たらないところは強く描くことによって表現できます。

さらに、インテリアの展示を偶然発見し、
それらも早描きの練習に使用しました。



受講生は3時間みっちりと、様々な物のカタチと向き合い、
作品を仕上げていました。

———————————————————————————
デザイン留学のご相談や当プログラムの詳細は、是非お気軽に無料デザイン留学カウンセリングにご予約頂くか、こちらから資料請求をお願いします。
———————————————————————————
★バンタン・インターナショナル・プログラムでは、これからも留学やデザインに関連したイベントを企画してまいりますので、
ご興味がある方はホームページをチェックしていただくか、Facebookでフォローをお願いします。
■Facebookでイベント情報、パーソンズ美術大学の情報、またデザイン&アートの色々な情報をフィードしています!
ぜひLikeボタンクリックお願いします!
Vantan International Program Facebook
■Twitterからも情報を発信しています。お気軽にフォローお願いします!
Vantan International Program Twitter

VIPスタッフBLOG
Vantan
資料請求
留学カウンセリング予約