Vantan International Program

資料請求
留学カウンセリング予約
For International students
For International students
資料請求
留学カウンセリング予約

イベント&授業レポート

Jul 01 ,2010
1950年代の映画がファッションにもたらした影響とは

今日はAASデザイン英語の授業から
「映画・社会背景からみるデザインの歴史」について
1950年代までの授業レポートをお届けしたいと思います。

男性ファッションに影響をもたらした映画俳優といえば、
「エデンの東」、「理由なき反抗」、「ジャイアンツ」の
主役を演じたジェームズ・ディーン(James Dean)。



やんちゃなティーンエージャーを
思わせるルックスが特徴的でした。



また、アルフレッド・ヒッチコック監督の
「北北西に進路を取れ」("North by Northwest")の
ケリー・グラント(Cary Grant)の
グレイスーツにローファースタイルも
当時のスタイルとして流行でした。



1950年代前は下着として着用されたTシャツですが、
「欲望という名の電車」主演の
マーロン・ブランド(Marlone Brando)により
若くてセクシーなイメージがついたそうです。



今日の授業では洋服をどのように着るか、
どうして着るのかその目的についても考えました。

フレッド・アステア(Fred Astaire)は
1930年代から1950年代にかけて活躍した映画俳優ですが、
彼の魅力はハンサムな俳優としてではなく
ダンサーとしての能力が高かったため、「踊る」ことと
背の低い素の自分を「飾る」ことを目的として
いつも服を選んでいたそうです。



また先ほどのケリー・グラントはハンサムだったため、
映画に出るときはいつもファンが顔に見とれるように
服はシンプルで、あまり飾らないスタイルを
選んでいたそうです。

自分を「飾る」ための服、
または「体」を強調する服の2つから選ぶとしたら、
みなさんの今日のスタイルはどちらにあたるでしょうか?

 

———————————————————————————
当プログラム(NYパーソンズ大学との単位互換提携)の詳細は、是非お気軽に無料デザイン留学カウンセリングにご予約頂くか、こちらから資料請求をお願いします。
———————————————————————————
★バンタン・インターナショナル・プログラムでは、これからも留学やデザインに関連したイベントを企画してまいりますので、
ご興味がある方はホームページをチェックしていただくか、Facebookでフォローをお願いします。
■Facebookでイベント情報、パーソンズ美術大学の情報、またデザイン&アートの色々な情報をフィードしています!
ぜひLikeボタンクリックお願いします!
Vantan International Program Facebook
■Twitterからも情報を発信しています。お気軽にフォローお願いします!
Vantan International Program Twitter

VIPスタッフBLOG
Vantan
資料請求
留学カウンセリング予約