Vantan International Program

資料請求
留学カウンセリング予約
For International students
For International students
資料請求
留学カウンセリング予約

イベント&授業レポート

Jan 17 ,2015
[イベントレポート]デザイン留学へ向けての大きな一歩:パーソンズ教授陣への入試課題プレゼンテーション


※写真右からパーソンズ大学グラフィックデザイン学部ディレクターのジュリア・ゴートン教授(デザイナー、写真家、イラストレーター、ご自身もパーソンズ卒業生)、元AASプログラムの学部長でありパーソンズとバンタンの単位互換提携を実現させたパメラ・クレイン教授(画家、現在はインテリアや建築デザイン学科生の授業を受け持つ)、そして世界3大ファッションスクールの一つのパーソンズでファッションドローイングの授業を受け持つ小川 吉三郎教授(ファッションイラストレーター、いままで数多くの作品がファッション誌や書籍に掲載され、またFITのファッション美術館に永久保存されている。)

---------------------
年明けの1月11日(日)、12日(月・祝)に毎年恒例のニューヨークから教授を招いた入試課題のプレゼンテーションがありました。
今年度は総勢15名の学生が在籍しているので2日間に渡ってのプレゼンテーション。

多くの学生は平日働きながら日曜日に受講して、通常授業の傍らこのパーソンズ大学入試課題プレゼンテーションの準備を11月~12月にかけて取り組んできました。そして、今年はカレンダーの都合で運悪く年明け1回目の授業日がプレゼン日となってしまいました。昨年12月の最終授業日にはまだ準備万端とはいえないままお正月休みに入ってしまったので、バンタン講師陣のサポートも無い不安のなか年末年始休暇中にプレゼン準備を進めたことと思います。しかし、そのような悪条件の中プレゼン当日は各生徒自信を持って自分の考えをしっかり英語で伝えられ、教授陣にもキチンと伝わり良いフィードバックを沢山もらいました。



パーソンズ教授陣の総評として、デザイン初心者として当然ながらデザイン的なクオリティにはまだ粗さがある人もいるが、デザインアイデアやコンセプトの成り立ちを非常にわかりやすくまとめ、コミュニケーションとしてのプレゼンテーションのクオリティの高さに非常に満足している、とのことでした。また、英語力も全体的に例年より高く感じられたとコメントして頂きました。


※インテリアデザイン学科志望の学生作品(上)


※グラフィックデザイン学科(左)、ファッションデザイン学科(右)志望の学生作品

2日目のプレゼンテーション終了後は、今年3回目となるパーソンズ大学教授陣やパーソンズ卒業生との交流会を開催しました。学生作品を展示して2月に控えたパーソンズ出願に向けて教授から直接アドバイスをもらったり、パーソンズ留学を終えた卒業生と交流したりなど、大きなプレッシャーから開放されリラックスした時間を楽しみました。


※交流会ではプレッシャーから開放され、ホッとしたのか思わずパム教授と抱き合う学生も。

——————————-
合わせて読みたい関連記事:
【イベントレポート】パーソンズ大学教授陣来日!
【イベントレポート】パーソンズ教授来日レポート
【イベントレポート】1/19 パーソンズ大学入試プレゼンテーション
———————————————————————————
★バンタン・インターナショナル・プログラムでは、これからも留学やデザインに関連したイベントを企画してまいりますので、
ご興味がある方はホームページをチェックしていただくか、Facebookでフォローをお願いします。
■Facebookでイベント情報、パーソンズ美術大学の情報、またデザイン&アートの色々な情報をフィードしています!
ぜひLikeボタンクリックお願いします!
Vantan International Program Facebook
■Twitterからも情報を発信しています。お気軽にフォローお願いします!
Vantan International Program Twitter
■Parsons AAS グラフィックデザイン学科に留学中の学生による「パーソンズ留学生ブログ」も是非ご覧ください!

VIPスタッフBLOG
Vantan
資料請求
留学カウンセリング予約