Vantan International Program

資料請求
留学カウンセリング予約
For International students
For International students
資料請求
留学カウンセリング予約

デザイン留学情報

Jun 21 ,2014
【デザイン留学】ニューヨーク留学のためのアパート探しのヒント

留学する時にとても不安なことの一つとして、住む所をどうするか?どうやって見つけるのか?というのが皆さん気になる所だと思います。大学の寮に滞在することも一つの選択肢としてあると思いますが、せっかくニューヨークに留学するのだから現地の人と同じようにアパートを借りて住んでみたいですよね。

実際、バンタンからパーソンズへ行った学生の話を聞くと、卒業まで寮に滞在した人は私が聞いた限りではいません。もちろん、寮に入居するメリットはあるのですが、だいたいサマースクール期間中は寮に入って、サマースクール終了と同時に気に入ったアパートに引越する感じです。

以下に紹介するFAQはパーソンズ大学(ニュースクール大学)のウェブサイトから、留学生向けに寮についてのFAQを和訳したものになります。ちょっと長いですが、寮にするか寮以外でアパートを探すかを決める時にとても参考になりますので、しっかり読んでみてください。

以下、和訳になります。NK

-------------------------------------------
1. パーソンズ大学(ニュースクール大学)に在学中は学生寮に住むことはできますか?
フルタイムの学生でデポジットと授業料を納入済であれば、すべての学生は寮への入居を保証されます。学生寮には様々なオプションが用意されています。

入学が許可された新入生は授業料のデポジット(前金)を納めれば、学生寮へ申し込みができます。寮の入居申請はオンラインのMyNewSchoolアカウントから可能で、秋学期(9月)から入学する学生は7月1日までに250ドルのデポジットを納めることにより、入居予約をすることができます。春学期(1月)から入学する学生は、12月1日までに同様に申請を済ませること。締め切りに関わらず、入学が決まったらなるべく早く申し込むことをお勧めします。

2. 学生生活1年目は必ず学生寮に入居しなくてはいけませんか?
いいえ。学生寮は学生への様々なサービスの内の一つですので、希望者のみが入居します。入居が決まったら、9ヶ月間(アカデミックイヤー)は入居することに同意したことになります。※春学期からの入居者は除く。

3. AASプログラムの学生はどちらの寮に入居しますか?
AASの学生は大学院生と共に、マンハッタン・チェルシー地区の20th Street Residenceに入居します。キッチン付きのエアコン完備のアパートですが、ガスコンロはありません。キッチンには電子レンジと電気コンロがあります。但し、入居状況によりUniversity Center Residenceに入居して頂く場合があります。

4. どのように入居申し込みをすればいいですか?
詳しい情報やオンライン申請フォームやデポジット支払いについては、Student Housing Officeウェブサイトまで:http://www.newschool.edu/student-housing/applying-for-housing/new-students/

入居申し込みが完了した時点で9ヶ月間のアカデミックイヤー(8月~翌年5月まで)を通して入居する事に同意した事になります。※春学期からの入居者は1月から5月までの約5ヶ月間になります。もしも、契約期間の途中で退去する場合はキャンセル料などが発生いたしますので、契約に際しては注意事項を良く読んだ上で申込ください。注意事項には他学生との同居、キッチンにオーブンが無いなどが含まれます。ルームメイト選定には細心の注意を払っており、年齢や専攻などを考慮してルームメイトを決めております。

5. 春学期から入学する場合は?
1月からの春学期から入学する学生ももちろん学生寮に入居できます。この場合は春学期の間(1月~5月)のみの入居になります。すべての入居契約は5月中旬で終了します。寮に入居するすべての学生は、夏休みの寮への入居を希望するか、もしくは秋学期から続けて入居するかを決めてオンライン申し込みをして、決められた料金を支払うことで契約更新できます。

6. 寮費はどのように支払うのですか?
申し込み完了後、オンラインの学生アカウントへ寮費の請求がされます。支払いは8月(秋学期)に1回と1月(春学期)に1回の年2回に分けてお支払い頂きます。すべての支払はStudent Financial Servicesを通して行われます。

7. 寮費には何が含まれるのですか?
寮費に含まれるものは、光熱費、郵便箱、24時間体制警備(エントランス)が含まれます。すべての部屋は家具付きでエアコン完備、そして10/100ハイスピードイーサネット接続が個々に割り当てられます。また、TVは入居者が用意しなくてはなりませんが、60チャンネルを超えるケーブルテレビ接続も各部屋に完備しています。電話は各部屋にあり、電話を掛ける場合はコーリングカードを使用しなくてはなりませんが、入電に関してはその必要はありません。それぞれの寮には、入居者共用のテレビラウンジ、アートスタジオ(作業部屋)、1つ以上のアップライトピアノが備えられています。

8. 食事は寮費に含まれますか?
寮費には食事は含まれません。20th StreetStuyvesant ParkUniversity Center Residenceに入居する方は学期毎に300ドルの食費を追加購入します。この300ドルが無くなった場合はいつでも追加入金可能です。

9. 申し込みをキャンセルしたい場合はどうすればいいですか?
キャンセルはmyhome@newschool.eduへメールにて可能です。その際、名前、New School IDナンバー、ルームナンバー(わかっている場合)、キャンセル理由を必ず明記してください。入居契約時に8月~翌年の5月まで約9ヶ月間入居するという契約を結んだということを必ず認識してください。もしも、入居前のキャンセルであればキャンセル料を差し引いた金額が返金されます。もしも入居後の場合はいかなる理由があろうとも返金は致しません。春学期から寮以外に住む場合でも、春学期分の寮費はお支払い頂きます。以下のリンクから寮費や申し込み締め切り日などの詳細が確認できます。http://www.newschool.edu/student-housing/housing-rates.pdf

10. もしも、12月に卒業する場合や秋学期終了後に1学期休む場合はどうなりますか?
12月に卒業する学生、および秋学期終了時に休学する学生は、12月24日までに退去すれば、春学期分の寮費は支払う必要はありません。

11. 与えられた部屋やルームメイトが気に入らなかった場合はどうなりますか?
いつでも部屋の変更願いをすることはできます。必ず希望通りになるとは限りませんが、快適に過ごせるよう、可能な限り希望に近い場所を提供できるように努力いたします。

12. パーソンズ生の間は寮に滞在しても良いですか?
もちろんです。フルタイムの学生で寮費を支払っている限りは卒業まで寮に滞在しても大丈夫です。

13. 寮を出てキャンパス外に住んでも良いですか?
もちろんです。寮に入居しない学生は、キャンパス外で滞在場所を探すことになります。その為には、大家さんから借りるか、もしくは誰か他の学生からサブレット(又借り)しなくてはなりません。その契約に際しては自ら契約書を良く理解した上で、契約を結ぶことがとても大切になります。寮以外の場所を借りるときの注意点などは次のリンクをご覧ください。http://www.newschool.edu/student-housing/off-campus-housing/

14. 寮以外で住むほうが安いですか?
そういう場合もあるかもしれません。但し良く理解して欲しいことは、寮費には、光熱費、24時間体制警備(エントランス)、そして、すべての部屋は家具付きでエアコン完備、インターネット接続が含まれます。寮以外に住むということは、通常12ヶ月賃貸契約を結び、電話、ケーブルテレビ、インターネット接続などは別に契約しなくてはなりません。更に電気やガスの契約、家具を揃えることなどをしなくてはならない場合もあります。通学費や通学時間も考慮して、寮にするか寮以外でアパートを探すかをよく考えてください。また、アパート仲介料も不動産仲介者を通せば掛かるのでそれも考慮する必要があります。

15. どのように寮以外のアパートを探せば良いですか?
色々なウェブサイトで物件検索ができます。次のリンクに幾つか紹介していますので、参考にしてください。http://www.newschool.edu/student-housing/off-campus-housing/

不動産仲介業者に間に入ってもらって、物件紹介や大家さんとの交渉をしてもらいながら探すことも可能ですが、業者によってはとても手数料が高い場合があるので、必ず初めに仲介手数料を確認してください。

16. 寮以外のアパートを探す場合に注意する点は何ですか?
一番気にしなくてはいけない点は、やはり安全面です。ドアマンが常駐しているか?近辺が安全な所か?夜の様子はどうか?アパートにきちんとした火災警報機などが設置されているか?ビルの入り口にインターホンやカメラ付きのインターホンが付いていて、誰が訪ねてきているかドアを開けないでも確認できるか?

安全面の次は、金額、コンディション、ロケーション、そして個人的な要望になります。どうやって通学できるか?地下鉄駅やバス停までどれくらい離れているか?学校まで何分かかるか?エアコン完備か?エレベーターはあるか?公園、図書館、教会、コンビニなどが近くにあるか?家賃に何が含まれるのか?又借りしても大丈夫か?家具付きか?家具をどうやって調達するか?

17. 多くの学生はどうしていますか?
一般的な学生の多くは、1年目は寮に滞在する場合が多いです。入居時の煩わしさが少ないので、大学生活に集中でき、新しい友達を作ったり、ニューヨークを良く知る時間がとれ、そして寮以外のアパート事情も深く理解することができます。寮に入居した多くの学生は1年後に寮を出てアパートに住み始めます。5月の契約が切れる時に引っ越しする人もいれば、夏休み中は寮にいて、8月中に引っ越しする人もいます。

18. いつ頃アパートは探し始めれば良いですか?
アパート探しは、正直なアドバイスとして、だいたい4~6週間は見ておいたほうが良いと思います。不動産は冬が動きが少なく、春や夏、特に5月~8月の終わり頃に入れ替え時期になります。多くの大家は、引越し日の4週間前から部屋をキープしてくれるのが普通です。

19. Guarantor(保証人)とは何ですか?必要ですか?
大家が決めた収入やクレジット条件に満たない学生は、保証人を立てなくてはなりません。保証人(Cosigner)とは、もしもあなたの支払いが滞った場合に、あなたの代わりに家賃を支払う事に同意した人。通常、保証人は契約時に支払いが発生することはありませんが、あなたの契約内容のすべての責任を負うことに同意しなくてはなりません。

必ずしも保証人は家族である必要はありません。多くの大家は保証人が近くに住んでいることを望みます。あらかじめ保証人になって貰える人を準備しておくことはとても大切です。ニューヨークの不動産はタイミングが非常に大事なので、あなたの保証人の迅速な協力が不可欠なのです。通常は、保証人が契約を結ぶ時に同席する必要はありません。※留学生の場合は、アメリカで就労する保証人を立てる代わりに6ヶ月以上の家賃前納やデポジットを要求される場合があります。

20. 仲介料はどれくらいですか?
不動産業者と大家の関係によって手数料が変わったり、アパートによっては家賃に手数料込の所もあります。仲介手数料はだいたい、1ヶ月分の家賃から年間の家賃の15%の間です。一般的には年間家賃の12~15%くらいでしょうか。

21. 学生はどの辺りに住んでいるのですか?
寮以外に住むことを決めた学生の多くは、できるだけマンハッタン内で、ビレッジ / チェルシー地区に近い所に住むことを希望します。しかし、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス地区の方が物件が多くあり、また家賃も安めなので多くの学生はマンハッタン以外でアパートを借ります。マンハッタン内では、イーストビレッジ、ロウアーイーストサイド、インウッド地区が一番リーズナブルとのことです。また、ニュージャージー州に住む学生もいます。特にPATH線沿いの、ホーボーケンやジャージーシティーなどで、通学時間が20分くらいのところです。快速(4番か5番列車)で20~30分のアッパーイーストサイドも多くのリーズナブルな値段でアパートがあります。

ブルックリン地区のLトレイン沿いのウィリアムズバーグは比較的家賃も安く、地下鉄で12~20分くらいでユニオンスクエア近辺まで出られます。ブルックリンハイツ、パークスロープ、フォートグリーン、グリーンポイントなどは、多くの学生が住むブルックリン地区のポピュラーな場所です。クイーンズ地区では、ロングアイランドシティやアストリアが人気の場所です。

マンハッタン地区の地図


ニューヨークには多種多様で面白い場所が多くあります。以下、いくつかの地区の簡単な紹介をいたします。

グリニッジ・ビレッジ/チェルシー


パーソンズ大学(ニュースクール大学)はニューヨーク市のマンハッタン地区のグリニッジ・ビレッジにあります。アパートはキャンパスから徒歩、もしくは、バスや地下鉄で通える距離に借りることができますが、この辺りはニューヨークでも最も家賃が高いところです。ビレッジ/チェルシーエリアよりも高いです。レストラン、パブ、ハイエンドなショッピング、グロサリーストア、本屋などが多くあります。一つの寮を除き全ての寮はこのエリア周辺にあり、学生が多く住んでいて、夜でも人通りが多い所です。また、交通の便も非常に良いエリアです。

ダウンタウン/フィナンシャル・ディストリクト


ダウンタウン地区は歴史的に多くの銀行、証券会社、多くの会社が集まるビジネス街でした。最近のアパートの開発で居住者が増えて、ビレッジエリア程ではありませんが、レストランやショッピング、公園などが増えて夜まで活気ある街になってきました。このエリアは寮以外に住むことを希望するパーソンズ生には一般的ではありませんが、ニュースクール大学をはじめ、ニューヨーク大学などの大学寮がここにあります。

ミッドタウン


地理的にも象徴的な意味でもマンハッタンの中心です。ミッドタウンにはニューヨークで一番高いビル、絶えず人通りが多いストリート、高級レストラン、巨大ストア、文化施設が多くあります。結果、どの世代にとっても満足できる場所になっています。数ブロックの中で、タイムズ・スクエア、エンパイアステートビル、高級ジュエリーや洋服を扱うバーグドルフ・グッドマン、高級レストランの'21' ClubやLe Bernardin、クラシックコンサートなどを開催するカーネギーホールやブロードウェイショーなどが点在しています。これ以外にも、とても魅力が多いエリアです。リーズナブルなアパートを見つけるのはなかなか難しい。交通の便は良好。

アッパーウエストサイド


アッパーウエストサイドはマンハッタンで一番ポピュラーな居住エリアの一つです。1900年ごろのアパートメントビルが59丁目~96丁目のセントラルパーク西からハドソンリバーに挟まれたエリアに多くあります。アッパーウエストサイドの特徴は、交通量の多いブロードウェイ、小さなお店(ママパパストア)、そしてパフォーマンスアートで有名なリンカーン・センターだけではなく、ゆったりした緑が多い歩道がある多くの住人がいる居住エリアでもあります。今まではリラックスしたアート系の知識人、作家、音楽家、役者などが住む場所として90年代頃にはとても人気のエリアでした。最近は、高級ラグジュアリー高層アパートメントビルがスタイリッシュなアッパーウエストサイドのイメージを作り、そして、それに合わせて高級レストランやスーパーストアー(Barns & NobleやVictoria's Secretなど)が新旧が混ざり合った雰囲気を作り出しています。近年では社交的な若い人に人気の場所になってきました。家賃は高額。交通の便は良好。

アッパーイーストサイド


有名芸能人を良く見かけたり、"ゴシップガール"が頻繁に撮影していたりするエリアですが、本当はその上品な雰囲気が特徴のエリアです。ニューヨークの有名なミュージアム、レストラン、お店、そしてニューヨークのエリートたちが代々住んできた格調高いアパートメント
など、アッパーイーストサイドは隅々までエレガントな雰囲気が漂います。5番街の82丁目から105丁目までの、通称ミュージアム通りには9つのワールドクラスのミュージアムがあります。そして、マジソン街には超有名オートクチュールブランドからデザイナーブティック、それから有名ブランドが安く買える高級セレクトショップまであります。お腹が空いた時には、アットホームなダイナーから洒落たレストランがあり、そしてNY1番の寿司スポットでもあります。年代を問わず、マンハッタン唯一の動物園で1日ワイルドライフを体験した後はNY1のアイスクリームサンデーを楽しむこともできます。上品さと歴史を兼ね備えていると同時に、カッティングエッジでエキサイティングな場所でもあるので、アパートの空きは少なく、とても高いです。4番街を下る4,5,6番トレインがあるので交通の便は良好。

ハーレム


午後の散歩で少しこのエリアを歩けば、その建物の素晴らしさに気がつくでしょう。ハーレムは過去15年間ほどで劇的に再発展してきました。宝石が磨かれて輝くように、ここもハーレム本来の歴史的な美しさが復活した。ハーレムの歴史は1658年にオランダ人が入植することから始まった。そして1830年の経済不況により多くの不動産が廃墟になったが、1870年代にまた新しいアパートやテナントビル、高級アパートビルが建てられた。その後1904年にまた不動産が暴落した。ビジネス知識のある黒人起業家達がこの見捨てられたエリアの不動産を買い漁り、現在のハーレムのイメージである、アフリカン アメリカン コミュニテイの形成のスタートとなった。今日では多様で活気あるエリアになっている。アパートは見つけやすく、家賃もリーズナブル。

インウッド/ワシントンハイツ


1776年にイギリス軍の戦いを率いたジョージ・ワシントンにちなんでワシントンハイツと名付けられた。ワシントンハイツはニューヨーク市の奥深い歴史の象徴であると同時に絶えず姿を変える都市の象徴的なエリアであります。このエリアは、マンハッタンの一番の高台に位置しています。155丁目からインウッド(マンハッタンの最北地区、ワシントンハイツの一部としてしばしば考えられている。)は、多くのジュエリーショップや南米のチミチュリを売るストリートベンダー、バチャータやレゲトンのビートが街を彩るリトル・ドミニカ共和国として知られる。このエリアのライフスタイルに音楽は不可欠であり、ダンスのない夜など考えられないほど生活の一部になっている。メトロポリタン美術館の分館のクロイスターズやトライオン公園もこの地区にあり、他にも数多くのショッピングやエンターテイメントがあります。アパートは探しやすく、家賃もとてもリーズナブル。交通の便は良好で、1,2,3とA,Cトレインが走っていますが、パーソンズまでは通勤時間帯で30~45分程かかります。

アパート探しのヒント
◆ NYに早めに到着して部屋探しをする時には、ホテルやユースホステルに滞在しながらアパート探しをすることもできます。次のリンクは短期滞在用のホテルリストです。http://www.newschool.edu/student-housing/hotels.pdf
◆ もしも、アパートの内見をする場合(契約前に内見することを強く勧めます)、一人では行かずに、安全のため必ず誰かを連れて行きましょう。
◆ 大家さんや仲介業者に出来るだけ多くの質問をしましょう。
◆ 契約は焦らずに、時にはやめることも恐れずに。通常は12ヶ月の契約をすることになるので、慎重に時間をかけて契約すること。
-------------------------------------------
以上で和訳を終わります。

寮以外の滞在について→ http://www.newschool.edu/student-housing/off-campus-housing/
2014-2015の寮費について→ http://www.newschool.edu/student-housing/2014-rates.pdf
大学周辺のホテル一覧→ http://www.newschool.edu/student-housing/hotels.pdf
20th Street Residence(AASの学生が入る学生寮)→ http://www.newschool.edu/student-housing/residences/20th-street-residence/
-------------------------------
デザイン留学のご相談や当プログラムの詳細は、是非お気軽に無料デザイン留学カウンセリングにご予約頂くか、こちらから資料請求をお願いします。
———————————————————————————
★バンタン・インターナショナル・プログラムでは、これからも留学やデザインに関連したイベントを企画してまいりますので、
ご興味がある方はホームページをチェックしていただくか、Facebookでフォローをお願いします。
■Facebookでイベント情報、パーソンズ美術大学の情報、またデザイン&アートの色々な情報をフィードしています!
ぜひLikeボタンクリックお願いします!
Vantan International Program Facebook
■Twitterからも情報を発信しています。お気軽にフォローお願いします!
Vantan International Program Twitter
■Parsons AAS グラフィックデザイン学科に留学中の学生による「パーソンズ留学生ブログ」も是非ご覧ください!

VIPスタッフBLOG
Vantan
資料請求
留学カウンセリング予約