Vantan International Program

資料請求
留学カウンセリング予約
For International students
For International students
資料請求
留学カウンセリング予約

イベント&授業レポート

Apr 08 ,2011
<デザイン理論>本の装丁プレゼンテーション②

本日はデザイン理論の最終授業で行われた「本の装丁」のプレゼンテーションの続きです。(前半のプレゼンテーションについては、こちらをご覧ください。)テーマは「見る人があっと驚くような本」。手にとって読みたくなるような工夫をそれぞれが考えました。

8人の女子学生が8通りの恋愛をする短編集。タイトルは「放課後のキーノート」。「普通しおりは1つか2つだけれど、8通り作ってみたかった」という受講生は、



表紙のカバー内に入っているしおりを取り出して、本のページにはさみました。「1本だけではなく8本のしおりのひもがあることに驚いた」」と講師から評価を得ました。



「贅沢なキスをしよう」という本を選んだ受講生は、練習用に実物大の唇が表紙につけました。他の受講生からは「もし女性向けの本だったら、男性バージョンの唇か、男性向けの本だったら女性バージョンが選べる本にしたらおもしろい」と新しいアイディアが提案されました。



次の本は受講生の想定による本、「本とおさんぽ」。対象は子ども、もしくはおしゃれな女子で、用途は「散歩の時に」、もしくは「公園に行き短編小説を読むたい時に」と設定しました。



普段本を片手に歩いている人をよく見かけるけれど、わざわざ手で持たなくても済むように、本がかばんへと変身する仕組みになっています。本の表紙のマジックテープが、かばんの取っ手になったりします。



次も「しおり」を使った新しいアイディアです。この本は「背表紙にタイトルをつけなくても、背表紙にかかるしおりが本のタイトルを象徴します。

例えば、これは「くもの糸」。くもの糸を地獄から上っている様子をしおりにしました。



これは分かりますか?そう、「我が輩はねこである」です。



講師からは「仕掛け本としてクオリティが高い」と評価がありました。

皆さん、デザインファンデーションコースお疲れ様でした!

 

———————————————————————————
デザイン留学のご相談や当プログラムの詳細は、是非お気軽に無料デザイン留学カウンセリングにご予約頂くか、こちらから資料請求をお願いします。
———————————————————————————
★バンタン・インターナショナル・プログラムでは、これからも留学やデザインに関連したイベントを企画してまいりますので、
ご興味がある方はホームページをチェックしていただくか、Facebookでフォローをお願いします。
■Facebookでイベント情報、パーソンズ美術大学の情報、またデザイン&アートの色々な情報をフィードしています!
ぜひLikeボタンクリックお願いします!
Vantan International Program Facebook
■Twitterからも情報を発信しています。お気軽にフォローお願いします!
Vantan International Program Twitter

VIPスタッフBLOG
Vantan
資料請求
留学カウンセリング予約