Vantan International Program

資料請求
留学カウンセリング予約
For International students
For International students
資料請求
留学カウンセリング予約

イベント&授業レポート

Dec 16 ,2010
<デザイン理論>今の気持ちを色彩構成で表現する①

デザイン理論の授業では、「もも太郎プレゼン(詳しくはこちら)」、「今の気持ちをコラージュでプレゼン」(詳しくはこちら)を行ってきましたが、今回の課題は「今の気持ちを色彩構成で表現する」というテーマです。先週の授業では、3Dから2Dへという素材の変化や、カラー理論やデザイン英語で学んできたカラーの知識も合わせて、プレゼンを行いました!プログラムが10月に始まったところと比べて、プレゼンにも慣れてきた様子で、自分の意見を発表すること、他の受講生のプレゼンを見てフィードバックをすることなど、プレゼン後のディスカッションのスキルも同時に訓練していっています。

それでは、さっそく受講生のプレゼンへと移りましょう。

テーマ「ごちゃごちゃしている気持ち」

枝豆をモチーフに「守られている」今から新しい世界へ踏み出したい気持ちを表現。目標に向かって進むときは「辛いことばかりではなくて楽しいこともある」というメッセージも含まれているため、明るいはっきりとした色が多く使われている。



テーマ「「波のある気持ち」

「情熱を表す赤と冷静を表す青のちょうど中間にある紫がきれいだと思う」と紫をテーマの色として選んだ受講生。コラージュのプレゼンでは「波のある気持ち」を違う長さのつまようじを箱の中に立てて表現しました。(コラージュはこちら)今回、その波は色を囲んでいる白い枠が、波の波紋を表しています。緑の円は未来への可能性を秘めている自分自身を表します。






テーマ「くもの巣」

モチーフは太陽や雨雲。それぞれポジティブな気持ちやネガティブな気持ちを表し、それがくもの巣にひっかかっています。階段は今自分が「ステップアップしていかなくてはいけない」という少し焦り気味な気持ちを、小さな点は穏やかでない「ザラザラ」した気持ちを表しています。紫のだんだん大きくなる点は太陽系をイメージしていて、困ったときは「自分の問題は太陽系と比べたら小さいと考えるようにしている」そうです。様々な色をひとつの作品にまとめるのは困難だけれど、構成力のある作品と講師より評価がありました。



モンドリアンも、様々な色を黒の線を使用して全体のイメージをまとめていました。黒がアクセントになり、他の色がはっきり見えます。



次の作品ではどのような感情が表現されていると思いますか?








引き続き、「今の自分の気持ちを表す色彩構成」のプレゼンの様子をお伝えします!

 

———————————————————————————
デザイン留学のご相談や当プログラムの詳細は、是非お気軽に無料デザイン留学カウンセリングにご予約頂くか、こちらから資料請求をお願いします。
———————————————————————————
★バンタン・インターナショナル・プログラムでは、これからも留学やデザインに関連したイベントを企画してまいりますので、
ご興味がある方はホームページをチェックしていただくか、Facebookでフォローをお願いします。
■Facebookでイベント情報、パーソンズ美術大学の情報、またデザイン&アートの色々な情報をフィードしています!
ぜひLikeボタンクリックお願いします!
Vantan International Program Facebook
■Twitterからも情報を発信しています。お気軽にフォローお願いします!
Vantan International Program Twitter

VIPスタッフBLOG
Vantan
資料請求
留学カウンセリング予約