Vantan International Program

資料請求
留学カウンセリング予約
For International students
For International students
資料請求
留学カウンセリング予約

イベント&授業レポート

Dec 17 ,2010
<デザイン理論>今の気持ちを色彩構成で表現する②

引き続き、今日は「デザイン理論」の「今の気持ちを色彩構成で表現する」というプレゼンです。前回のコラージュのプレゼンと同じテーマなので、似た感情を表現した人は色合いが似ていたり、また素材が違ったため同じ気持ちやモチーフでも、異なる表現方法をした作品もありました。各プレゼン後のディスカッションでは、「かわいい感じがする」「ポップな感じがする」といった抽象的な言い回しはせずに、「~のようなポップな感じがする」や「~に似ていてかわいい感じがする」など具体的な例を一緒に述べることでよりたくさんの人に伝わるというコミュニケーションのスキルも勉強になりました。

受講生の作品を見てみましょう!

テーマ「バランスの取れた自分」

バックグラウンドの縞の上に15センチx15センチの作品が重なっています。左半分はバックグラウンドに溶け込んでいる自分、右半分はバックグラウンドの縞から発展していってよりはっきりして角度を変えた縞がありますが、これは未来のなりたい自分です。「形を使って色彩構成をする」という課題でしたがあえて形を使わずに縞を使った理由は、「まっすぐ自分の目標に向かっていきたい」という思いが込められています。コラージュでは新聞を素材として使っていましたが、今回もモノトーンを使っています。



日本の社会では「秀でるものはたたかれる」文化があるから、突然変化していくのではなく、「世の中を見ながら少しずつ対応しながら変化をしていきたい」というゴールを表現しています。コンセプトがしっかりしていることを評価された作品です。

テーマ「紅葉の葉のように少しずつ日々変化していく自分」

10X10の100マスをすべて混色の違う色で着色しています。モチーフの紅葉の葉のように、「毎日特別なことが起こらなくても、長い範囲で見ると留学を決意したり、仕事面でも大きな変化があった」と受講生。完成した後、似た色が並ぶ100マスの色をみたいてたら、「モザイク」のように「人の気持ちもどんなに言葉や表情で表現しても100%主旨が伝わることは難しい」という現実を同時に表している



次の作品からはどのような感情が表現されていると思いますか?





プレゼン後、他の受講生からは「真ん中に押しピンを使ってくるっとまわせるようにしたら動きが出る」と「自分だったら~する」という目線でアドバイスがありました。プレゼンをしていると、ディスカッションをしていると色々なアイディアや改善点が出てきて、ポジティブな意味で刺激をし合っている受講生の姿をみることができました。

次回もプレゼンの続きです!

関連ページ
「自分の気持ちを色彩構成で表現する」プレゼン①


———————————————————————————
デザイン留学のご相談や当プログラムの詳細は、是非お気軽に無料デザイン留学カウンセリングにご予約頂くか、こちらから資料請求をお願いします。
———————————————————————————
★バンタン・インターナショナル・プログラムでは、これからも留学やデザインに関連したイベントを企画してまいりますので、
ご興味がある方はホームページをチェックしていただくか、Facebookでフォローをお願いします。
■Facebookでイベント情報、パーソンズ美術大学の情報、またデザイン&アートの色々な情報をフィードしています!
ぜひLikeボタンクリックお願いします!
Vantan International Program Facebook
■Twitterからも情報を発信しています。お気軽にフォローお願いします!
Vantan International Program Twitter

VIPスタッフBLOG
Vantan
資料請求
留学カウンセリング予約